ABMアタッチメント・ベビーマッサージ

ベビーマッサージ

ベビーマッサージで大切なことは、オイルの効能や効果ではありません。

最近のお母さんたちにとって、ベビーマッサージは、特別なモノではなくなっています。ベビーマッサージは、いまや、妊娠したお母さんや乳児のお母さんが取り組みたいことNo.1 として挙げられます。

こうしてベビーマッサージが一般に認知される ようになる一方で、ベビーマッサージが、単なる「赤ちゃんをマッサージする行為」で終わってしまって、オイルの効能やマッサージ効果の効能ばかりがクローズアップされている、という現実があるのも事実です。 極端なケースでは、ベビーマッサージをアトピーや皮膚の敏感な赤ちゃんの肌ケアのように扱っているケースを目にすることもあります。

しかしながら、もともと、ベビーマッサージの研究の中で、注目されたことは、マッサージ効果やオイルの効能ではありません。ベビーマッサージを通して、母親と赤ちゃんの良好な母子関係が形成されるということと、赤ちゃんの脳神経系の発達との関連性でした。

つまり、ベビーマッサージの本来の研究目的に立ち返れば、「良好な母子関係と家族関係を作る鍵」であり、「脳神経系の発達を促す営み」ということになります。

そして、これらは、発達心理学という学術分野で研究されている「アタッチメント理論」における「アタッチメント形成」による恩恵である、ということまで、現在ではわかってきています。

ベビーマッサージをしているお母さん

つまり、ベビーマッサージというのは、アタッチメント形成のための営みのひとつであると言えるのです。

それは、早期アタッチメント形成が、子育てを楽しむために、そして、健全な親子関係を作り、赤ちゃんの健康な発達を促す上で、非常に重要な要素であるからです。

アタッチメントが適切に形成できると、お母さんと赤ちゃんは良好な母子関係が築けるのです。

アタッチメント形成を最も重要視して、発達心理学をベビーマッサージに応用して、メソッド化したのが・・・

ABMアタッチメント・ベビーマッサージです。

ハッピーチャイルドのオリジナルおもちゃは一般社団法人日本アタッチメント育児協会が監修しています

ハッピーチャイルド・オフィシャルショップ〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山2-15-14 パックス金山 4F

このページの先頭へ