コミュニケーションステージ

コミュニケーションステージ

発達のテーマ

パパとの遊びを通して、社会性を身に付ける。 ポジティブ原体験で、学習の基盤を作る。

親子の対話

0歳・1歳ごろまでは自分一人、もしくは、ママと二人だった遊び(世界)が、2歳を過ぎる頃からは、保育園・幼稚園など、より多くの人たちと関わる機会が増えてきます。 これまではママと愛着関係を築くことが、発達のテーマでしたが、ここからは、ママも含めた、その他の人達との関わりの中で、「社会性を身に付けていく」ことが大きなテーマになります。

その最初の段階として、パパの存在が重要になってきます。子どもはパパとの関わりを通して、社会性を学んでいくのです。

おしゃべりができるようになって言葉も通じるようになり、子どもの体がしっかりしてくると「高い高い」のような豪快な遊びもできるようになり、パパも子どもとの遊びが楽しめるようになります。

そしてこの時期は、社会においてコミュニケーションをとるために必要となる「言葉(ひらがな)」や、物の考え方や順番を学ぶのに必要となる「数字」などの、お勉強を始めるのにいいタイミングです。

これらは将来の学習基盤に大変重要な要素です。これらを学ぶポイントとして、「ポジティブな原体験」を与えてあげることが大切です。

例えば、「ママと寝る前に絵本を読んでもらって楽しかった」という原体験は将来の「国語が好き」とか、「パパとお風呂で歌を歌って楽しかった」という原体験は将来の「音楽が好き」など・・・、後の学習能力を形成する前段階として、楽しい体験を与えてあげることが、「●●=楽しい=好き=もっとやりたい」がという将来の能力の土台になるのです。

この時期には、楽しい原体験を沢山与えてあげて、先々いろいろなことに興味・関心を持ち、自ら学習や探究していく、前向きな意欲ができるようなチャンスの種をまいておきましょう。

さらに、「英語」を始めるには、とてもいいタイミングです。 日本語を自由に話すことができるようになり、おしゃべりも楽しくなるこの時期は、日本語を獲得した方法がまだ感覚として体に残っているので、日本語を覚えた覚え方と同じような感覚で、「英語」に取り組むことができるからです。 将来のグローバルなコミュニケーション能力を身につけるためにも、「ポジティブな原体験」として、英語学習を始める前段階の取り組みで「ママと楽しく英語で遊んだ!」という楽しい体験をするのに良い時期です。

コミュニケーションステージの発達の課題

step1

「コミュニケーション」で3STEPをサポートするおもちゃは・・・


ママ きいてきいて プレEnglish! はじめての英語読み聞かせセット

かず遊び

子どもの発達のステージへ戻る

ハッピーチャイルドのオリジナルおもちゃは一般社団法人日本アタッチメント育児協会が監修しています

ハッピーチャイルド・オフィシャルショップ〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山2-15-14 パックス金山 4F

このページの先頭へ