五感刺激ソフトブロック

main

五感を刺激するアクティビティが盛りだくさん♪

人気のソフトブロックを作りました!他では買えないオリジナルのソフトブロックです。

この五感刺激ソフトブロックは、ハッピーチャイルドがオリジナルで企画・開発を行った、赤ちゃんでも安心して遊ばせてあげられる、布製のブロックです。

従来の布製のブロックを参考に、赤ちゃんにとって、ちょうど良い大きさを考え、さらに、「見る」「聴く」「たたく」「さわる」「つかむ」という、乳児期に必要な発達課題でもある、五感を刺激する遊びを楽しめるよう、生地素材や仕掛けなどに工夫を凝らしました。

人気のソフトブロックを作りました1

また、「動物」や「野菜」などのパーツは、お母さんが赤ちゃんにお話を作ってあげて遊ぶなど、語りかけがしやすく、親しみがあるものを選びました。 そして、「数字」や「アルファベット」のパーツは、数字や英語をはじめる前の、最初の取り掛かりとして、順番に並べるなど、1・2歳頃でも遊びの要素として取り入れることが出来、発達の段階に応じて、遊び方を変えて、長く遊ぶことができます。

人気のソフトブロックを作りました2

人気のソフトブロックを作りました3

人気のソフトブロックを作りました4

0歳は「見る」・「聴く」・「触る」の五感を使った遊びが大切です。

生まれてから1年たたない赤ちゃんは、五感の発達を軸にして、さまざまな発達を成し遂げていきます。早い時期から沢山の「見る」「聴く」「たたく」「さわる」「つかむ」といった五感を使った遊び体験をすることは、赤ちゃんの好奇心、注意力、記憶、認知の水準をより高くすることが研究でわかってきています。

また、そうした体験が多い子は、そうでない子に比べて、発達課題の獲得が早く、その優位性は、3歳を過ぎても、継続するという研究結果もあります。「見る」「聴く」「叩く」「投げる」…などの体験を通して「モノは、手にとって、持つことができる」ということを知り、やがて「原因と結果」などのより高度な「認知」を得て、さまざまな能力を獲得していきます。 このような体験を、「ホワイト博士の育児書」で有名なバートン・L・ホワイト博士は、「特別な体験」と据えています。

五感刺激ソフトブロックは、視覚を刺激する色使いや柄、触覚を刺激する色々な手触りの布、聴覚を刺激する色々な種類の音、といった工夫がなされていて、この時期体験したい、「特別な体験」を沢山体験することが出来るのです。

五感を使った遊びが大切です1

五感を使った遊びが大切です2

五感を使った遊びが大切です3

このおもちゃの詳細

動物の面

動物の面一覧

ねずみ

お耳に触るとカシャカシャするね。

くま

お顔を押すとピッって鳴ったね!!

ぞう

引っ張るとお鼻がくるんと元に戻るよ。

動物はお母さんやお父さんも、語りかけがしやすいですね。「ちゅーちゅー」と鳴き声を真似したり「ウサギさん可愛いね」など、0歳の時期に沢山の対話をすることは、言語の発達だけでなく、心の安定やコミュニケーション能力の発達にもつながります。

また、ネズミさんのお耳がカシャカシャしたり、ゾウさんのお鼻を引っ張ったり…動物たちの仕掛けは、赤ちゃんの指先の細かい動きを応援します。

布の素材を楽しむ面

布の素材を楽しむ面一覧

つぶつぶの面

水色の面はつぶつぶの面白い触り心地。

つるつるの面

紫の布はつるつる・ひんやりしてるよ。

ふわふわの面

白い面はふわふわで優しい触り心地。

様々な素材の布を使ってある面では、触り心地が違う感覚を楽しめます。赤ちゃんが小さいうちは、お母さんが赤ちゃんの指を生地まで導いてあげて「ふわふわだね」など、語りかけてあげましょう。

それぞれ素材が違うので、指先から感じた様々な触感が、 赤ちゃんの脳の刺激になり、豊かな感受性を育みます。

野菜の面

野菜の面の面一覧

にんじんの面

にんじんのぎざぎざ葉っぱを指でなぞってみよう

ナスの面

ナスと同じ布はどこにあったかな?

バナナの面

食べ物は数字に対応しています。バナナは「5」。りんごと合わせていくつかな?

動物面と同じくらい親しみのあるものといえば、食べ物ですよね!食べ物も対話のしやすいものの一つです。「好きな食べ物は何?」「嫌いな食べ物は?」という簡単な対話からはじめましょう。大きくなってくると、「りんごは何個?」と数も数えられます。食べ物は、数字に対応しています。りんご1個、ナス2個、ニンジン3個…並べてみたり、「なすと豆、全部でいくつ?」と簡単な算数も目で見て数えて遊べます。

ナスのつるつるした布を触らせてあげて、『これと同じ布はどこにあったかな?』とクイズをしたりして、「これとこれは同じもの」という認知を促す遊びも出来ます。

模様・ソフトミラーの面

模様・ソフトミラーの面一覧

水玉の面

水玉のでこぼこを手のひら全体で触ってみよう

うずまきの面

指で線をなぞってごらん。うまくなぞれる?

何か映ってるよ~?

渦巻きや星の形を指でなぞったり、水玉やしましまのでこぼこした凹凸の感じを一緒に楽しみましょう♪

指先で細かい模様をなぞってみるのは、指先のトレーニングにもなり凸凹の感触は手で触ることで脳に刺激を与えます。

割れないソフトミラーは、「自我の芽生え」を促すために、この時期の赤ちゃんには必須アイテムです。はじめはピカピカ光るのが見た目にも珍しく、覗いてみます。やがて、誰かが映っていると認識し、最後には映っている誰かが自分であることに気づきます。これが「自我の芽生え」です。このソフトミラーは小さめですが、赤ちゃんが鏡に興味を示す最初の一歩としては十分です。

数字・アルファベットの面

数字の面一覧

アルファベットの面一覧

数字、英語の面は、1歳を過ぎておしゃべりが始まる頃に活躍します。
順番に並べて遊んだり、指でなぞって形を覚えたり、「A・B・C」と発音をまねっこしてみたり…。2歳・3歳頃からはじめたい、「英語や数字」の練習の前段階として遊びながら数字や英語に見て・触って・感じることで、「数字や英語って楽しい」という体験が出来ます。

実はこの「楽しい体験」は、子どもの無意識の中にずっと残っています。そして後の算数や、英語の学習の際に、自然にそのときの楽しい気持ちがよみがえり、「算数って楽しい!」「英語大好き!」という気持ちにさせるのです。このような体験を「ポジティブ原体験」といいます。この五感ソフトブロックで沢山お母さんやお父さんが遊んであげることで、将来、算数や英語が得意なお子さんになる・・・かもしれませんね★

五感刺激のおもちゃをご購入いただいた『お客さまからの声』を読む

ご注文はこちら

五感刺激ソフトブロック 五感刺激ソフトブロック箱
商品番号

PD-5BL

商品名

五感刺激ソフトブロック

備考

※こちらの商品は(株)ハッピーチャイルドの直営店のみでお取扱いしております。※専用の箱に入れてお届けいたします

内容

・ソフトブロック6個
(約10×10×10センチ/個)

対象年齢

0ヶ月から

ラッピング

ハッピーチャイルドのオリジナルおもちゃは一般社団法人日本アタッチメント育児協会が監修しています

ハッピーチャイルド・オフィシャルショップ〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山2-15-14 パックス金山 4F

このページの先頭へ