まねっこ遊び

まねっこ遊び

まねっこ遊びってどんな遊び?

1歳から2歳の時期は、「まねをする」ことによって、様々な新しいことや出来なかったことが出来るようになります。最初は、お母さんがやるのを見ています。 そうすると、大好きなお母さんと同じことをしたいという欲求が生まれます。 そして「やってみる」のです。 でも、最初は、うまくいきませんが、お母さんに励まされたり、褒められたりしながら、あるとき、少しだけできるようになります。これが、小さな成功体験です。 この小さな成功体験は、非常に重要で、これを得ると、今度は、子どもは 「のめりこみ」のスパイラルに入り、どんどん上達するのです。

最初は「まねっこ」です。それは、子どもの「お母さんと同じことが出来るようになりたい」という欲求です。この「まねっこ遊び」が、だんだん高度になってくると、おままごとや、人形遊びなどの「ごっこ遊び(ロールプレイング)」に発展します。 「まねっこ遊び」は、子どもの「やってみる」という気持ちや、「自分で」という 自主性を育てることができる遊びですので、ぜひこの時期に応援して あげてください。

「まねっこ遊び」のおもちゃはコレに決まり!

アタッチメントベアー

アタッチメント・ベアー(おけいこクマさん)

「日常のおけいこ」において、対話読み聞かせ絵本「日常のおけいこ」が、はじめの一歩なら、布絵本は、対話重視のネクストステップ、そして、 ここで紹介する「まねっこ遊び」のおもちゃは、さらに進んだスキル重視のステップと言えます。 「まねっこ遊び」のおもちゃとして重要な要素は、お母さんがやって見せてあげられること、それが子どもにとって見やすいこと、そして、小さな成功体験を得やすい難易度であること(難しすぎない)です。

「まねっこ遊び」のおもちゃと言えるものは、たくさんありますが、私たちは、このまねっこ遊びの重要な要素が含まれた上に、さらに、この時期の子どもの発達の課題でもある、「母子関係」を育み、「自律」を促すおもちゃを考えました。

アタッチメントベアー片づけ

ふとんをかぶせる

最初はお母さんと一緒に、服を脱がせたり、靴を脱がせたり、簡単なステップからはじめます。そして、「出来た」という小さな成功体験を、得ながら、どんどん難しいステップへ進んでいくのですが、『お母さんと一緒』に、『「出来た」という前向きな体験』の中で、楽しく練習をして、覚えていけるのです。

また、お母さん向けのテキストがついているので、どんな順番で進めていくと楽しく進めていけるのか、なぜその順番がいいのか、どんな風に発達にいいのか、などが分かりやすく解説されています。 

また、付属のおんぶ紐は、「自分がお母さんにしてもらったことを、自分も誰かにしてあげよう」という、お世話を通して、思いやりや共感の気持ちを育てる役目をします。

おんぶひも

この商品の詳しい説明はこちら

このサイトで表示する対象月齢は、当店のアドバイザーである、廣島大三が、専門家の目で、ひとつずつ吟味して、実際に遊んでいただける月齢の目安を独自に吟味した「対象月齢」です。そのため、メーカーパッケージに記載される対象月齢とは、表記内容が異なる場合がございます。

詳しくはこちらをご覧ください

まねっこ遊びのおもちゃをご購入いただいた『お客さまからの声』を読む

ハッピーチャイルドのオリジナルおもちゃは一般社団法人日本アタッチメント育児協会が監修しています

ハッピーチャイルド・オフィシャルショップ〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山2-15-14 パックス金山 4F

このページの先頭へ