その5:楽になったと喜んでばかりはいられない!赤ちゃんの「一人遊び」は要注意!

「不安とストレスの子育て」を 「楽しむ子育て」にかえる提案

楽になったと喜んでばかりはいられない。赤ちゃんの「一人遊び」は要注意!

「楽しむ子育て」第5章は「親が遊びに関わる」ことで、「対話」が増え、それは発達を促すことにもなるし、赤ちゃんとの愛着関係を深め、赤ちゃんと通じ合うことにもなり、子育てをより楽しいものにしてくれる、というお話です。

よくお母さん同士の会話で、こんな話を耳にします。

「早くひとりで遊べるようになるといいわね」 「この子は、ひとりで勝手に遊んでくれるから、助かるわ」

果たして「一人で遊ぶこと」は良いことでしょうか?

確かに、ある発達段階において「一人遊び」をするのが自然な時期が、赤ちゃんにはあります。集中力が養われてきている証です。しかし、それは、発達段階のほんんの一時期のことであって、そういう時期には、赤ちゃんが好きでそうしているだけのことです。集中力が養われてきて、一つのことを気が済むまで、とことんやりたい時期があるんです。

この時期は例外とすると、「ひとり遊び」を好む赤ちゃんの多くは、「あきらめ」てしまっている場合もあります。親が遊びに関わらないのが普通になっていて、小さい頃から「遊ぶ=ひとり」という場合です。親に対して「あきらめ」てしまっている親子関係が楽しい子育てにつながるとは、到底思えません。

通常、新生児期から乳児期の赤ちゃんは、ひとりでは遊びませんし、ひとりで遊ぶことを楽しむことはありません。特に新生児期から乳児期の赤ちゃん(0ヶ月から18ヶ月くらい)は、「おもちゃを楽しむ」というよりは、お母さん(お父さん)との「対話」を楽しみます。

そして、この時期に、お父さんやお母さんに、いっぱい遊んでもらって、相手してもらって、「愛されている自信」を持つんです。これが重要です。いつでも愛されているという自信こそが、その後、幼児期になってからの『自立心』の重要な土台となるんです。

この「いっしょに遊ぶ」ということを実践するために、「おもちゃ」とくに「発達段階にあったおもちゃ」は、とても役に立ちます。特にお父さんが赤ちゃんと対話を持ちながら、遊ぼうとする場合は、おもちゃは必需品です。なぜなら、お父さんは、お母さんのように「本能的に赤ちゃんと対話する術」を持っていないからです。何かしら「対話のネタ」が必要なんですね。

そうして、赤ちゃんの「遊び」にお父さんもお母さんもいっしょに関わることによって、これから芽生える赤ちゃんの「自立心」の土台を作ることができるんです。

アウトレットセール

ハッピーチャイルドのオリジナルおもちゃは一般社団法人日本アタッチメント育児協会が監修しています

 

ハッピーチャイルド・オフィシャルショップ〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山2-15-14 パックス金山 4F

このページの先頭へ